ビタミンC 肌のために一日に必要な量は?多い食材は?

美容・健康コラム

お肌にはビタミンCが良いって聞くけど

実際どのくらいの量が必要なのかしら?

ビタミンCが多く含まれてる食材って、どんなものがあるの?

 

ビタミンCは、体にいいというのは何となく分かっていても、
実際どんなものをどれ位の量、食べれば良いのか??

今日は、ビタミンCについて詳しくみていきましょう!

ビタミンCの働き

ビタミンCは体にとってどんな風に良いのでしょうか?

・メラニン色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ

・コラーゲンを作るのに必要

・お肌を強くする

・アンチエイジング

など、お肌を綺麗にしてくれる作用がたくさんあります。

 

その他にも

・風邪予防

・貧血予防

・ストレスに強くなる

と、美容と健康に欠かせない栄養素なのです!!

ビタミンCは体内では作られない

こんなにも大切なビタミンCですが

残念ながら人間の体内では作り出すことができません( ;∀;)

食べ物から摂る必要があります。

 

1日に必要な量は100mg。(最低ライン)

タバコを吸う人、ストレスの多い人は、多めに摂取しましょう!

 

また、ビタミンCは体内で溜めておくことができません。

余分になったものは排出されるので

たくさん摂ればいいというものではありません。

 

また、アスコルビン酸という人工的なビタミンCは

代謝の際に肝臓に負担をかけるので摂り過ぎには注意してください。

 

私は、天然の食べ物から摂ったり

サプリを摂る場合でも、栄養が偏らないような製法のものを選んでいます。

何をどの位食べたら良いのか?

では、どんな食品にどの位入っているのでしょうか?

例えば・・・

レモンには100mg

焼き海苔には210mg

入っています。

 

ただし、これって100gにつき、なんですよ。

 

レモン丸ごと100gってどうやって食べるんだ?

海苔だったら50gでいいけど、口の中が大変なことになりそうです笑

 

毎日の食事に少しずつ加える方が楽そうです!

上記の

レモン、焼き海苔

赤ピーマン、ピーマン、ゴーヤ、ブロッコリー、カリフラワー、

キャベツ、ミニトマト、じゃがいも

これらが、ビタミンCが豊富な野菜です。

 

アセロラも有名ですが、なかなか普通には手に入らないので

入れませんでした!

 

ビタミンCは水に溶けやすいので、長い時間茹でずに蒸したり、

生で食べましょう。

ゴーヤとじゃがいものビタミンCは、熱に強いので加熱調理もOK!

 

まとめ

・ビタミンCは、美容と健康に欠かせない。

・体内では作られないので、食事から摂る。

・オススメの野菜は、赤ピーマン、ピーマン、ゴーヤ、ブロッコリー、カリフラワー、

 キャベツ、ミニトマト、じゃがいも

・水に溶けやすいので、茹で過ぎずに。

 

私の実感は・・・

ビタミンCを意識して摂っていると、お肌の調子がとっても良いです♡

ぜひ、毎日の食材選びの参考にしてみてくださいね☺️

 

https://aromaseiyu.com/genmai-451

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました