健康のための4つのキーワード 後編

昨日お届けした

健康のための4つのキーワード 前編


の後編です。

昨日は、

*衝撃的なお話から始まった・・・
  ・1週間にカード1枚分のプラスチックを食べている
  ・日本は癌が増えている国

*健康のための4つのキーワード ①体温
  ・ビタミンB群をとる
  ・筋肉を増やす

という内容でした。

本日のもくじは、こちら~!
↓↓↓

健康のための4つのキーワード ②腸

体の汚れは、便で7割排出されます。

もし、便秘だと毒素が再吸収されて
全身をめぐることに・・・((+_+))

下痢だから関係ない
って思った、そこのあなた!!

腸内が酸性になっていて、荒れている可能性があります!!

便秘も下痢も、大腸がんになりやすいと言えます。

では、腸を元気にする方法を見ていきましょう!!

腸内環境を整える

①玄米

②発酵食品

③オリゴ糖 (大豆・ごぼう・玉ねぎ など)

④ビフィズス菌・乳酸菌

⑤キノコ、野菜、海藻

この辺りを意識してとると、腸内環境が整ってきます。

また、ハイゲンキなど、玄米酵素を食べている方は
200ccの水に溶いてから飲むと食物繊維がふくれて
いい感じになりますよ♪

よく歩く

わんちゃんを飼っている方は、良く分かると思いますが

わんちゃんが排便するのって、散歩の時ですよね?

やはり、人間も歩いたりして腸を動かす事が大切になってきます。

もし、どうしても歩けない場合は
腸もみをするのもいいですね♪

健康のための4つのキーワード  ③ストレス

人間、生きている限り
何かしらの出来事があるのは避けられません。

何か、出来事があったときに、どう捉えるか?

考えるか?

思うか?

によって、その出来事がストレスにもなり得るし
原動力にもなり得るし
何にもならない。

というお話でした。

確かに・・・そうですね。

何事もポジティブに捉えればいいってもんでもないとは思いますが

マイナスに陥ったときに
とりあえずゼロに戻る方法をたくさん持っていた方が
立ち直りは早いですね。

一例としては
胸を広げて、斜め45度上を向く。

というとても簡単な方法を紹介されてました。

普段の言葉・姿勢・イメージ・感謝や感動しているか?
が大切ってことですね。

健康のための4つのキーワード ④食事

毎日の食の選び方

肉を食べるか?
魚を食べるか?
付け合わせの野菜はどうるすか?

など、日々の食事の選び方が重要。

調理法

1発酵
2蒸す
3煮る
4焼く
5揚げる

上の2つは若返りの調理法。
多めにすると良いです。

下の2つは少なめに。

一物全体食

まるごと。皮ごといただくのがベスト!!

副食は、まごわやさしいこ

ま まめ=豆類、豆腐、納豆

ご ごま=種実類 ごま、くるみなど

わ わかめ=海藻類 ひじき、昆布など

や 野菜=野菜類、山菜類

さ さかな=魚介類

し しいたけ=きのこ類

い いも=いも類

こ 酵素=発酵食品 味噌、漬物など
     生野菜

をバランスよくいただきましょう。

玄米

玄米は、一言で語りつくせません。

私が実感しているのは
やっぱり、お通じかなぁ。

あと、ドカ食いしなくなったので
体重維持しやすくなったこと。

ただ、消化しにくいので、良く噛んでください。

そもそも、現代人の胃は弱っているので、注意が必要です。

苦手な方は、分つき米や雑穀から始めても○

最後に

治癒率= 実施率 × 継続率 × 素直さ

人は忘れやすい生き物です。
学んだだけでなく、できることからすぐやってみる!!

やってみても、続けることってなかなか。
そのたびに、思い出せばいい。
定期的に話を聞く機会があったら思い出しやすいですね。

様々な、やらない理由をつけるより
まずやってみる素直さ。

というお話でした。

かなり、ざっくりしたまとめですので
これってどういうこと??

等、ご質問ありましたら下のLINEからお気軽に聞いてくださいね。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
LINEでお友達になっていただくと
ご来店時に使える4500円分のクーポンプレゼント♪
登録はこちら↓

関連記事

  1. 我慢なしで痩せるには

  2. 女性ホルモンを味方につける方法

  3. 紫外線対策に!美白対策に!ビタミンCのとりかたのコツ。

  4. 腸を綺麗にして、免疫力をアップしよう!

  5. 健康のための4つのキーワード 前編

  6. 玄米は日本が誇るスーパーフード!食べなきゃ損!??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。