玄米は日本が誇るスーパーフード!食べなきゃ損!??

食べにくい
美味しくない
なんてマイナスイメージにとられがちな玄米。

いえいえ、そんなことはありません。

それどころか
知れば知るほどびっくりする程の、スーパーフード!

水に浸けておくと、発芽する玄米は
一粒一粒が命そのもの。

それでは、玄米の魅力にせまっていきましょう!

玄米は驚くほどに美容と健康の味方です

腸を元気に
肥満防止
活性酸素を消去する
気力がよみがえる
精神が安定する
美白

などなど、玄米には嬉しい作用がたくさんあります。

腸を元気にする、食物繊維

玄米には含まれる食物繊維は、水分を吸収して膨らむので
腸の動きを活発にします。便秘解消に役立ちます。

腸が元気になると、精神が安定したり
免疫が高まったりと嬉しい事がたくさんあります。

腸についてはこちらの記事も参考に。

ビタミンB群が豊富

ビタミンB1など、ビタミンB群が豊富に含まれるので
体内酵素の働きを高めます。
それにより、気力が蘇ったり、だるさの予防になったりします。

酵素についてはこちら参照

栄養がたくさん

玄米には、ビタミンB群の他にも
代謝を高めるビタミンだったり
活性酸素を消去する酵素に必要な3つのミネラルである、
銅、亜鉛、マンガン
が含まれます。

また、イノシトールやギャバ、アラビノキラシン
と言った、有効成分が含まれます。

その中でも、注目したいのがフェルラ酸。
美白や活性酸素除去作用など
お肌に嬉しい有効成分なのです。

フェルラ様!
ありがとう(笑)

美容と健康のための成分がたくさん

玄米には、私たちの美容と健康を助けてくれる成分が
たくさん入っていることが分かりましたね。

では、次は玄米を食べる上でネックになりやすい点を見ていきましょう!

玄米の難点。消化が悪い。

玄米は、表皮がついたままの状態なので
よく噛まないと胃腸に負担がかかってしまいます。

もし、お茶漬けでするっと食べたとします。

すると次の日・・・
何とそのまま出てきちゃった!!
(失礼しました汗)

なんて事になってしまいます。

もちろん、体内をそのまま通過しただけなので
栄養吸収もなにもありません。

私がアトピー完治目指し、奮闘していた時は
胃腸が弱りきっていたので、一口100回は噛んでいました。

顎、鍛えられます(笑)

まぁ、それもいい事ですが、毎回100回噛むのはちょっと大変ですね。

簡単に発芽します

そこでおすすめしたいのが、発芽させてから炊く事。

市販の発芽玄米ではなく、自分で発芽させるのがポイントです。
理由を書くと長くなってしまうのでそれはまたの機会にしますが
冷蔵庫で3日くらい浸水させておくと
可愛らしい芽が出てきます。

水を一度捨て、米の1.2倍位の水で炊きます。
(水の分量は、お好みに合わせて調節して下さいね。)
表皮が破れているので消化しやすくなります。

発芽させてから炊くと、炊飯器の玄米モードでも
圧力鍋で炊いたときのようなモチモチ感がでました。

白米にはない、栄養が含まれている玄米。
毎食とは言わなくても、2、3日に1回は
発芽させた玄米に変えてみませんか?

こんなスーパーフードを食べないなんて、もったいないですよ〜(笑)

まとめ
・玄米には、食物繊維・ビタミン・ミネラル・有効成分が含まれている。
・健康維持や、肥満防止、若返り、精神の安定、美白など
・玄米は、消化が悪いのでよく噛む。
・発芽させてから炊くともっちりして消化が良くなるので、おすすめ

関連記事

  1. 紫外線対策に!美白対策に!ビタミンCのとりかたのコツ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

健康で美肌になるメルマガ

《美しく歳を重ねるための、30代からのアンチエイジング》
ご登録はこちらから♡