知っていますか?アンチエイジングに必須な酸化と糖化のお話。

人間の老化には、酸化と糖化が深く関わっています。

加齢を止める事は誰にも出来ませんが、酸化と糖化を抑えて
老化を遅くする事は誰にでもできるんです♫

日頃のちょっとした心がけで、10年後、20年後が変わるのだとしたら・・・??

やってみるしかないですよね。

では、酸化と糖化、それぞれどういったもので、どうすれば良いのか?
を見ていきましょう。

酸化とは?

紫外線・タバコ・食生活などにより、体を酸化(サビ)させる物質活性酸素が発生し、それがシミ・シワなど肌の老化や様々な病気を引き起こす原因にもなります。

活性酸素を消去する酵素(SOD)は私たちの体に備わっていますが
なんと!その働きは
20代をピークに年々減少し、50代では約半分になってしまいます。

酸化を防ぐには?

抗酸化物質が含まれた食べ物を摂る

ビタミンACE、ミネラル、ファイトケミカルが多い、玄米・豆類・野菜・海藻
旬のものを、なるべく丸ごと食べる事を意識しましょう!

野菜を選ぶ時は、色々な色を。
例えば、トマトにはリコピン、なすにはアントシアニン、玉ねぎにはアリシンや硫化アリル、海藻にはフィコシアニンなど様々なファイトケミカルがあります。

名前を覚えられなくても、色とりどりの旬な野菜、そして玄米と大豆などの豆類を
食べましょう!

腸内環境を整える

腸内の悪玉菌が増えると、活性酸素が増え、腸から活性酸素が吸収されてしまいます。

欧米型の食生活(肉食が多すぎ、食物繊維摂らなさすぎ)は、悪玉菌をふやす原因となってしまいます。

なので、お肉ばっかりを食べて、野菜を食べない食生活は、お肌を酸化させてしまいます。

逆に、善玉菌が増えると、お肌の代謝に必要なビタミンB6を作ってくれます。

これは、日本型食生活により増やすことができます。
食物繊維・オリゴ糖・発酵食品
は腸の3大栄養素です。

積極的に摂りいれましょう。

糖化とは?

糖分の摂り過ぎや、栄養バランスの乱れにより、AGEsが発生し、それがコラーゲンなどに蓄積し老化を促進します。

AGEsとは、糖質とタンパク質がくっついた物質です。

糖化を防ぐには?

AGEsの多い食品を減らす。

AGEsは、たんぱく質や糖質を高温で調理することで発生します。
揚げる、炒める、長時間焼く調理法を減らし、茹でる、蒸す調理法を増やしましょう!

焼肉、揚げ物、ドーナツー、クッキーは、たまににしましょう!
美味しいけど、常食はいけませぬ。

血糖値が高い状態が続かないようにする。

血糖値が高いと、AGEsが増えてしまいます。
血糖値を上げやすい食品を、上げにくい食品に変えましょう!

白米→玄米
うどん→そば
白砂糖→黒砂糖 など。

白い食べ物は、精製されているとだいたい血糖値上げやすいです。

でも、どうしてもカレーを白米で食べたい時はどうすればいいんでしょう??

そんな時は、食事の前に食物繊維を摂ると、糖の吸収がゆっくりになります。
スイーツを食べる時も同じです。

まとめ
酸化と糖化を防ぐには、
・抗酸化物質が含まれた食べ物を摂る。玄米・豆類・野菜・海藻。
・腸内環境を整える。食物繊維・オリゴ糖・発酵食品は腸の3大栄養素。
・AGEsの多い食品を減らす。揚げる、炒める、長時間焼く調理法を減らし、茹でる、蒸す調理法を増やす。
・血糖値が高い状態が続かないようにする。白い食べ物→黒い食べ物に変える。食事やスイーツの前に食物繊維を摂る。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

健康で美肌になるメルマガ

《美しく歳を重ねるための、30代からのアンチエイジング》
ご登録はこちらから♡